書籍・雑誌

2015/03/19

素敵な写真集

長内達也さんの写真集‰

長内さんの作風は私も似ているところがあります(同じ虎ファンでもあります)

彼は銀塩で頑張っています、私はもう戻れません

この写真集で一番のお気に入りは48-49の清川駅のカットです

遊人工房から1200円+税 お勧めです。

続きを読む "素敵な写真集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

写真集 誰がために汽笛鳴る

写真集 誰がために汽笛鳴る

Nao_4128

私のお友達の写真集です、まだ発売したばかりです、彼は99年に白煙伝説を発刊し今回が二冊目D51498復活20周年記念出版となってます。

撮影地でいつも私の前に現れる彼の存在は知っていましたが話はしたことはありませんでした、いつからお話するようになったか記憶にないのですが鉄ファンコンテスト表彰式がきっかけでお友達になりました、彼の蒸気機関車に対する情熱は半端ではありませんとにかく全てが計算されていると言うか野球で言うと野村ID野球でしょうか、私のようなその場の感や運にまかせた撮影ではありません。

Sl37615

2004年9月陸羽東線でD51+旧客が運転されました、古川の駅でばったり出会い2日間一緒に行動を共にしました、その時彼のエネルギーと言うか撮影に対する考えに共感し熱く燃えた旅でした。

Img_3785

今回の写真集の中に同じ行動でも何故こんなに視点が違うのかと思いました、雑誌等でみる作品はことごとく先にやられた~と思いますね、写真集を見てその熱い思いが私の次の撮影の力となりそうです人を感動させる絵が撮りたい皆さんが思うことではないでしょうか?

Img_3565

誰がために汽笛鳴る、私が一番撮影時幸せに感じるのは誰もいない場所で自分一人しか狙っていない時ドラマが起こったときですねそれが撮影であれ録音であれまさに自分のために汽笛が鳴ってくれている~たまにあるのでこの趣味は止められません。

写真集は「誰がために汽笛鳴る」 岩井一浩 文芸社から1800円です、是非入手して感動してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)